top of page
検索
  • 執筆者の写真UNI-Managment 株式会社

NASA及びスペースXの最高顧問を務める著名な研究者が、ユニプラットのアドバイザリーボードメンバーに加わりました!

今回のユニプラットニュースでは、ユニプラットのアドバイザリーボードメンバーへ新たに加入いたしましたMaarten de Hoop氏についてご紹介いたします!



▶︎Dr. Maarten de Hoop,

シニアアドバイザー (ライス大学コンピューター応用数学地球科学研究所所長USA)

【経歴】

1992年-1995年:Schlumberger Cambridge研究所にてプログラムリーダー及び上級科学者として従事。

1995年:米国にて活動。コロラド大学マインズスクールにて波動現象センターの中心的リーダーとして従事。

2005年:Purdue大学にて地球、大気及び宇宙数理科学部教授として赴任。コンピューター応用数学センターの理事に就任。

2015年:ライス大学に赴任し現在のコンピューター応用数学地球科学研究所所長に就任。


オランダ生まれのマーティン氏は米国数理学会科学指針委員会のメンバーでもあり、2018年以降はペトロナムエンジニアリング大学、地理科学国際パートナーシップであるサウジアラビアのKing Fahd大学石油鉱物学部の交流委員会メンバーの1人でもあります。

また、エネルギー変換及び持続性に関する最先端研究に従事する地理数理イメージンググループの創業者兼理事でもあります。彼の研究範囲は、現実世界に内在する問題及分析及び最先端物理学からディープラーニングにまで及び、且つ最先端研究業績は世界的に有名です。


過去20年間においてマーティン氏はディープラーニング、科学的マシーンランニング及びデータドリブン解明による新しいアプローチ、地震、津波、噴火などの自然災害の予測に関して多大な貢献をしています。また、それらは火星や木星などの惑星探索も含みます。


そして彼はすでにScience、Nature Communications及びProceedings of the National Academy of Sciencesにおいて190以上の査読論文の発表をしています。マーティンと彼の研究所は、世界中の多くの学術機関と提携をしています。



アドバイザリーボードメンバーの一覧



閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

世界最大の飛行機、宇宙産業企業であるロッキードマーティン社の現役CAIO、Jose Z Rodriguez氏が、UNIPLATのアドバイザリーボードメンバーに就任

UNIPLATよりビッグニュースが飛び出しました! 世界最大の飛行機、宇宙産業企業であるロッキードマーティン社の現役CAIO(Chief Artificial Intelligence Officer)、Jose Z Rodriguez氏が、UNIPLATのアドバイザリーボードメンバーになりました。史上初のLM社の正式稟議によるSDGsプラットホームへの参加になります。 彼は世界最先端のAIの研究

IKAR Holdings及びUNIPLATの日英協力による”世界初”のBitcoin Hotelsの開発!

IKAR Holdings及びUNIPLATの日英協力による”世界初”のBitcoin Hotelsの開発に関するニュースが、IKAR Holdings社から発表されました。 イスタンブールからはじまり、ロンドン、東京での開発及びオープンを予定しているとのことです。 ゲストは、最先端のテクノロジーを備えた豪華な宿泊施設だけでなく、シームレスに暗号資産決済(もちろんUPTも使用可能。)を行うことがで

IKAR HoldingsとUnify Platform AGが世界初の暗号宇宙銀行を設立!

UNIPLATの運営会社であるUnify Platform AGとIKAR Holdingsが世界初となる暗号資産宇宙銀行の設立計画を正式に発表いたしました。 「Crypto Space Bank」というブランド名の下、両パートナーは地球外での暗号通貨の保管と取引の方法を再定義する画期的なプロジェクトを開始しました。 コンパクトなキューブ型衛星を展開することで、宇宙領域に暗号通貨を保管する革新的な

Comments


bottom of page