top of page
検索
  • 執筆者の写真UNI-Managment 株式会社

UNIPLATとACIC-KL Startups Foundationが戦略的提携を発表

更新日:2022年4月18日

世界初、SDGsに関するあらゆる分野及び事業を推進する研究者及びアントレプレナー支援オンラインプラットフォームの「UNIPLAT」が、

低所得者や高齢者、身体障害者向けの住宅保護プログラムである「Section 8」にも登録されている企業、「ACIC-KL Startups Foundation」との戦略的提携が2022年4月8日に発表されました。




ACIC-KL Startups Foundationは、

インド国内のサービスが行き届いていない地域などにインフラの提供、現地の起業家の育成を行うなど様々な社会課題を解決できるように支援をしています。

また、地域にインパクトを与えるためにイノベーションの育成とスタートアップ文化やエコシステムの醸成に向けても取り組んでいます。


今回の提携により、UNIPLATとACIC-KLのプラットホームの登録会員に相互の情報共有・サービスが提供され、ACIC-KLの独占コンテンツもUNIPLATで公開される予定です。

またUNIPLATは、ACIC-KLの登録会員の事業展開や資金調達を支援します。

そしてACIC-KL Startups FoundationでもUNIPLATの事業開発、またはUNIPLATに登録したユーザーを対象としてインド国内外での助成金獲得を支援します。



これにより更なる持続可能な開発の発展を目指すとともに、今後も多様な機会の提供と資金調達を得られるチャンスが生み出されることを目指していきます。


以下、ACIC-KL Startups FoundationのCEOであるGovil Alok氏とUNIPLATの運営会社であるUnify Platform AGの共同創業者、CFO、COOである刈田貴久氏からのコメント。

閲覧数:78回0件のコメント

最新記事

すべて表示

IKAR Holdings及びUNIPLATの日英協力による”世界初”のBitcoin Hotelsの開発!

IKAR Holdings及びUNIPLATの日英協力による”世界初”のBitcoin Hotelsの開発に関するニュースが、IKAR Holdings社から発表されました。 イスタンブールからはじまり、ロンドン、東京での開発及びオープンを予定しているとのことです。 ゲストは、最先端のテクノロジーを備えた豪華な宿泊施設だけでなく、シームレスに暗号資産決済(もちろんUPTも使用可能。)を行うことがで

IKAR HoldingsとUnify Platform AGが世界初の暗号宇宙銀行を設立!

UNIPLATの運営会社であるUnify Platform AGとIKAR Holdingsが世界初となる暗号資産宇宙銀行の設立計画を正式に発表いたしました。 「Crypto Space Bank」というブランド名の下、両パートナーは地球外での暗号通貨の保管と取引の方法を再定義する画期的なプロジェクトを開始しました。 コンパクトなキューブ型衛星を展開することで、宇宙領域に暗号通貨を保管する革新的な

IKAR Global社がUPT(Uniplat Platform Token)を大量保有!!

26カ国のボードメンバー(10カ国の元大統領)により運営され、40社以上のオペレーティング持ち株会社でグローバルで活躍しているIKAR Global社が、UNIPLATが発行する上場暗号資産UPT(Uniplat Platform Token)を大量保有いたしました。 IKAR社は、今後10年間において、2.5B EURO(約4250億日本円)の投資計画を進めており、2034年までの全グループ企業

Comments


bottom of page